0228

2011年3月に起きたことは、直接的には殆ど被害が無かった自分でさえまだ整理が出来ていないし、整理ができたところで言語や文字で表しきれるとも思えない。 少なくとも荒浜では、とても多くのものが失われた。そのことについて自分 […]

0221

世界というものはすべて自らの中にある、だから、いわゆる他人というものは自分の中の要素のひとつなのであるという考えに至ることが出来れば、おそらくいろいろな問題はあまり大したものではなくなるのだろう。だけどそこにいくのは相当 […]

0124

仙台・東北の 出張 手しごと展 こういうものは昔はもろ非日常ではなく、日常の中の季節のアクセント的なものとしてだったり、存在していたはず。 それがいまではおしゃれな場所でおしゃれなものとして扱われている。それについては少 […]

0123

物を見るのは精神であり 物を聞くのは精神である 眼そのものは盲目であり 耳それ自体は聞こえない   いい言葉だー

0119

今年は既に相模に2度行ってる。目標は26回行くことだから、まあまあいいペース。 だけど、その2回とも嫌な思いをした。昨年はそんなことはあまりなかったんだけど。 この間は3度。サウナ内の入り口横の使用済みマットを入れる箱の […]

0114

夢にエージが出てきた。何でか知らないけどiPhoneのコードか電源部かなんかをみてあの笑顔でグフッって笑った。その瞬間夢の中でハッとして泣きそうになった。次の瞬間目が醒めた。心臓がバクバクだった。 最近エージの話が良く出 […]

0112

荒浜に通って自分なりにある考えに至った。ひとはおそらく誰でも大切にしなければならないものがあるということだった。だから自分にもあると。ひとつぐらいは大切にする対象を持てよと。 それが何なのか、なんとなくはわかるとしても、 […]

0110

フロに行って、3度イラッとした。 他の客の行いに対して。その人に直接文句をいったりするようなことはしないけど、なんでああいう公共の場所であんなことをするんだろう。こういうことをすれば他の人がどう思うかって、自分はそれをよ […]

1230

経済は世の中のほとんど全ての基本となるものだけど、この2年荒浜に通い、経済だけでは幸福は得られないこともあるってことを知った。経済とは本来手段であるべきだと思うけど、現在は経済が目的になってしまっている。 同時に、経済だ […]

1229

友人宅で餅つき。昨年の同じ日にも誘ってもらった。嬉しい限り。 思えば、あのひとに最後に会ったのがここだった。 その後、そのひとは5月に亡くなった。 自分は、そのひとが大 嫌いだった。餅つきの際にも少し嫌なことがあり、もう […]